09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

カーグッズ

2005.10.30 (Sun)

突然ですが サッカーグッズで思い出した。
グッズつながりと言うことで 今度のネタはカーグッズです。

元々クルマ自体はもう8年も乗っているので 今さらあれこれと飾るつもりはなかったんですが
今年の夏にディズニーに行くときに なぜだか色々と買い揃えてしまいました。

なんでいきなりそんなこと?と言われても自分でもわかりまへん。
なんか突然欲しくなったのです。
で、今年買ったカーグッズ、その数ざっと4品。

まず最初に買ったのは 「ETC]です。

エトセトラではありません。 わかっとるっちゅーねん(゜O゜)\(--;
正式には「Electronic Toll Collection System」って言うんだそうです。
ま、ようするに料金所で一旦停止せずにそのままキャッシュレスで通過できるシステムのことですね。
さすがに最近はかなりの普及率らしく クルマに乗る人なら知らない人はほとんどいないみたいです。

で、なんで僕がETCをつけたかというと そもそもはディズニーに行くことが発端だったのです。

高速料金がいくらかかるか調べようと思ってネットでJHのサイトを見てたら 普通に出発インターと降りるインターを入力して料金を調べるところの横に
「ETC]ってチェック入れる項目があったんですよ。
まともに現金で払ったら8000円くらいかかる所が 深夜割引とかでいきなり 5800円になったのです。

その差 2000円以上。。 往復にしたらって考えたらなんだかつけなきゃ損みたいな気になってしまって。

さらにその時期につけてマイレージ登録ってのをすると それだけで5000円分の高速通行料が戻ってくるってことで。。
ますますこりゃいそがなきゃ、ってなったわけなのです。


20051030201056.jpg



ま、はっきり言ってこれはつけて正解でした。
なんと言っても楽だし、うまく割引を利用すればかなりお得に使えます。
ちょっと使えばすぐに元は取れちゃいますね。

おすすめの一品です。  って食べ物かよ(。・w・。 ) ププッ

スポンサーサイト
20:13  |  クルマ  |  Comment(5)

サッカーグッズ

2005.10.25 (Tue)

なんでもそうだけれど 本格的にやり始めようと思うと色々と揃えなきゃいけないものがたくさんありますね。

サッカーの場合
ボール、スパイク、ウェアの上下、パンツの下に履くサポーター、ストッキング、スネあて、練習場までボールやスパイクをもって行く専用のリュックサック。
ざっと こんな所でしょうか。
 
結構これだけ揃えようと思うと あっという間に2万円くらい飛んでいってしまいます(^^;

入団させてもらってちょうど一週間後に試合があったそうですが いきなりちょっと出させてもらったみたいです。
うちの子 ルールもちゃんと知りませんが・・・。

ま、楽しくやることが一番ですので そういうコーチや監督さんに感謝です^^

頑張って続けて欲しいな。20051025171709.jpg

17:17  |  スポーツ  |  Comment(6)

サッカーはじめました。

2005.10.19 (Wed)

なーんて タイトル、 まるでコンビニの
「おでん、はじめました」みたいな感じですね^^

実はこの前の日曜日から 息子(小4)が 少年サッカーのチームに入団させてもらうことになったのです。


なんで急にサッカーなのか? その理由は・・・
<土日に遊ぶ相手がいない。> ってことがきっかけみたいです。

たまたま近所の友達が何人かサッカーをやっていて 土日になるとその子達が練習に行ってしまうので
自分は遊ぶ相手がいないってことに気付いたみたいです(-m-)ぷぷっ

親が美容師やってるとどうしても土日に子供と遊んでやることができません。
ま、休みだからといって他所のご家庭もいつもかも子供と遊んでいられるわけじゃないですけどね(^^;

そこでここ二週間ほど前から練習の見学に行く気満々だったんですが
あいにくの雨で練習が中止になってしまい
やっとこの前の日曜日に見学に行ったわけです。

たまたまお店のほうもそんなに予約が入っていなかったので とりあえず奥さんが様子を見に行ったところ
見学初日にもかかわらず いきなり練習に参加させてもらい 
本人はすっかりやる気モード^^

その場で書類関係をいただいてきて 昨夜のナイター練習でさっそく提出ということになりました。

おかげで親はこの連休二日間 子供のサッカー用具を揃えなくてはいけなくてスポーツ用品店めぐりです。
サッカーグッズも色々あって面白いですね。

グッズの写真は次回にでも^^

11:09  |  スポーツ  |  Comment(4)

デジタルパーマ

2005.10.13 (Thu)

「デジタルパーマのいろんなパターン パート3」
行ってみましょうか^^

前2回の投稿で デジタルパーマに適した髪質、あるいは適さない髪質を簡単に説明しました。

で、今回は髪質ではなく 「スタイル」について書いてみます。

世間一般的に デジタルパーマ = 巻き髪風 
っていう図式が出来上がってしまっていますね。

それはそれで間違いではないし たしかに巻き髪風なイメージを作ろうと思ったら デジパはかなり理想に近いパーマと言えると思います。
もしもそういうスタイルを希望されるのであれば チャレンジする価値は十分にあるパーマですね。


さてさて 実はそれとは別におすすめしたいスタイルがあるのです。

そもそもデジパというのは 髪が濡れている時はあまりカールが出ていないのに
乾くにしたがってカールが出てくる といった特徴があります。
つまり極端に言うと 濡れている時にクルクルにならないんですね。

通常コールドパーマの場合は 濡れている時にクルクルのカールをブローなどによって伸ばしながら乾かす というイメージがあるのですが
デジパの場合は乾かしながらカールを作る、 というイメージなのです。

ということは たとえばショートカットの方で 頭のてっぺん(つむじ)のところがいつもパッカリと割れてしまうような方なんかが
その部分だけを2.3本巻いたとしても 濡れている時にクルクルにならないので 後の手入れがとても楽なのです。



20051006132208.jpg



20051006131940.jpg


↑ たとえばこんな感じですね。

こちらのお二人は今まで手入れがうまくできないからということで パーマを敬遠されていたのですが トップの部分だけをかけてみました。
お二人ともご自分での手入れはとても楽だそうです。

こんなかけ方もデジパの一つの利用法です。
名古屋巻き だけがデジパじゃありませんね^^


今日はこの辺で・・・(⌒∇⌒)
17:55  |  ファッション  |  Comment(4)

デジタルパーマ

2005.10.12 (Wed)

「デジタルパーマのいろんなパターン、パート2」

ということで 前回に引き続いてお話を・・・。

前回の続きですが デジタルパーマの特徴というのは
やはり カーラーやアイロンで作ったような大き目のカールが簡単に出せるという所です。
うまくかかりさえすれば こんなに簡単で楽なスタイルはないですね。

が、しかしここに落とし穴もあったりするのです。

それじゃあすべての人がデジパかけたらそんな風になるのかというと
はっきり言って「そんなことはない」のです。

考えてみてください、
たとえばホットカーラーやアイロンで作ったカールが ほとんど一日中持ってしまう人もあれば 
1時間後にはテレ~ンっととれてしまう人もあるわけです。
つまりここがポイントで コシのある髪とそうでない髪の差がはっきりとでてしまうんですね。

前回も書きましたが 
適当に痛んでいる人は 各種の補修剤などの働きによって 逆に熱処理をすることのメリットがでてくるわけなんです。

ものすごく簡単に書きますので 難しい専門用語や作用の話は省きます。
そんなの説明されてもわかんないですもんね^^


通常のコールドパーマの場合、そういった前処理剤(ケラチン、コラーゲン等)をつけて 施術に入ってもパーマの薬剤なんかを塗布した時に
大部分が流れ出てしまってあまり効果的ではないのですが
デジパの場合は 熱をかけることによって そういった物がしっかりと定着してくれるという現象が起きます。

おかしな話だけれどパーマをかけるには薬剤を使うわけで 薬剤を使えば使わないよりも痛むのは当たり前なんですが
これによって 「適当に痛んだ髪」の方は 綺麗にかかるわけです。

が、しかし 中にはそんなレベルではないくらいダメージが進行してしまっている人もあるんです。
それはどんな人かというと
  「何度も縮毛矯正をされている方」
なのです。

ただしこれには条件があって すべての人がダメというわけではないのです。
 
お店にも寄るんですが 中には縮毛矯正を 二度目 三度目と回数を重ねているにもかかわらず
毛先までべったりと 強い薬を平気で塗ってしまうお店もあったりします。

そうなれば当然毛先のダメージたるや 相当なもんですよね。

きちんと根元と毛先とを分けて 薬剤の塗布だったり ケアをしてくれていれば大丈夫なんですが たまにそうでない方もあるわけです。

中にはそこまでしっかりケアをしてもかなりダメージが進行してしまい デジパもかけられない場合もあったりします。

この辺は美容師さんときっちり相談してからやったほうが良いと思います。


っと、時間がなくなってしまったので 今日はこの辺で。。

13:54  |  ファッション  |  Comment(0)

デジタルパーマ

2005.10.07 (Fri)

時間ができたので 昨日の続きいっちゃいましょう^^

題して 
「デジタルパーマのいろんなパターン」
とでも言いましょうか^^

ではどんな状態の髪の人に綺麗にかかるのか?
それはですねー まず第一に

「当然のごとく髪のコンディションの良い方。」
まあそれはどんなパーマでもいえることですよね。

で、デジパのすごいとこは その次にくる第二のパターン。
ズバリ 「適当に痛んだ髪の方。」
なんです。

パーマを継続的に掛けている人はもちろん 常にカラーをしてみえて 毛先なんかがかなりパサついているような状態の方なんかは
やり方一つでかなり良い感じに仕上がります。

やり方って言ってもワンパターンでなく 元々の髪質、その時の髪の状態によってあらゆる補修剤を使用するわけなんですが
こればバッチリ決まりさえすれば 仕上がった後の手触りなんかは
むしろかける前よりも良い感じになってしまうんです。

ま、簡単に言うと そこがヒートロッドを使う温熱系のパーマの一番のメリットとでも言いましょうか^^



20051006131753.jpg


20051006132235.jpg


上の写真の方は 結構健康毛で どちらかというと髪は太めでカラーをされています。

下の方は 髪は細めで やはりカラーをされていて毛先は軽くパサついて痛んでいました。

仕上がりとしてはお二人とも弾力のある綺麗なカールができました。
いつもこんな仕上がりばかりなら やってる僕らもうれしいですね(⌒∇⌒)

今回は綺麗にかかったいわゆる成功例でした。



さて次回は もっとも難しい条件の髪質の話に続く・・・
17:37  |  ファッション  |  Comment(6)

デジタルパーマ

2005.10.06 (Thu)

たまには美容師らしく ヘアスタイルのことでも書いてみましょうか。
ってことで 本日のお題は

「デジタルパーマ」です。

元々 デジタルパーマってのは なんでもあるメーカーが登録商標したパーマの名称だそうです。
ようはその名称を使っても良いのは本来そのメーカーのみってことなんでしょうね。

でもここ最近 世間一般では そのような温熱系のパーマを ぜーんぶひっくるまとめて そう呼んでいるようです。

メーカーによっては かぶらないようにオリジナルなネーミングで呼ばれてたりします。
「形状記憶カール」とか 「セレブカール」とか はたまた「デジカール」だったりとか。

ま、大雑把に言うと つまりは各メーカーごとに呼び方が違うだけで やっていることは同じようなことなわけです。

もちろん各メーカーごとにそれぞれ独自の理論だったり薬剤だったりを使用することによって他社との差別化をはかっていたりするんですけどね。

ま、そんなことはお客様にはどうでも良い事で、 ようは
≪いかに髪を痛ませず なおかつ希望通りのカールが実現できるか≫ってことが肝心なわけです。

当店もかれこれデジパを導入してから半年以上が過ぎました。
その間たくさんのお客様を施術させていただいて現在に至ります。

ぶっちゃけ話ですが(これは当初させていただいたお客様にもちゃんとお話しています(^^;)
導入間もない頃にやらせていただいたお客様は こちらもマニュアル通りのアプローチしかできずに
実際こちらが思ったカールがでなかったりしたことがありました。

5人、10人、30人と 施術数が多くなればなるほど 当然いろんなパターンのお客様にぶち当たるわけです。
「経験値」とでも言うのでしょうか あらゆる髪質の方のデータが取れれば取れるほど 仕事の幅も広がってきます。

そんなこんなで 自分で言うのもなんですがかなりの確率でお客様に満足いただけるようになりました。

って、中には 「(゜O゜)\(--; ォィォィ 導入する前にそれくらい勉強しろよ! 」
なんて 突っ込まれる方もあるかもしれませんが  
ほんとに人間の髪の毛ってものは 100人いたら100通り違う物なんですよ。
あの人で上手くいったから こっちの人でも大丈夫ってことはありえないんです。

ですが 先ほども書いたように 経験値が増えれば増えるほど より多く対応できるようになってくるのは当たり前のことなんです。

おかげさまでかなりのデータも取ることができて より多くのお客様に対応できるようになりました。

しかし まだまだ難しい状態の毛髪もあります。



話が長くなるのでその話は また次回にでも・・・
ってことで続く・・・。

12:00  |  ファッション  |  Comment(2)

o(~○~;)o ハァ~ すっきり~

2005.10.04 (Tue)

「ホクロ除去」   無事に終わった~~~^^

昨日の朝 オペ時間は10時からの予定だったので 9時半には病院へ。
形成外科の受付で簡単な説明をうけて 10分前くらいになったらオペ室にご案内しますとのことでした。
その前にトイレを済ませて置いてください って言われたけど 言われる前から緊張しててトイレは済ませてました(^^;

時間が来たのでオペ室に・・・。

まずは更衣室で手術着に着替えます。 頭には僕らがパーマで使うようなビニールキャップみたいなやつを被りました。

いよいよオペ室に案内されるときに 中にいた助手の看護師さんにご対面。
見ていきなりびっくりしたのは その看護師さんの着ている服に 
おもいっきり がついているではありませんか。。

もちろん洗濯してあるみたいだったので前のオペで付いた血なんでしょうが 思わず高鳴る僕の心臓。。
いきなりビビらせるなよって・・・(^_^)

その後 担当の先生ともう一人助手の看護師さんとにご対面。
挨拶もそこそこにさっそくベットに案内されました。


前回の巻き爪のときと同じように 
「麻酔の注射を打つところが少し痛いだけでその後は全然痛くありませんよ。」
と説明され 手術は始まりました。

寝ている横の壁に 時間の経過がわかるように時計が付いていて 麻酔注射を打つとこらへんから 動き出しました。
麻酔の関係で 何をされているのかよくわからないまま10分を過ぎたくらいには
「もう ホクロは取れましたので、あとは縫合と止血だけですからね~。」という説明が・・。
(゜∇゜ ;)エッ!? もう終わったんですか、、って感じでした。

結局「はい、それではこれで終了ですね。」と言われた時に時計を見たら 25分ぐらいでした。

終わってみればあっという間だった。

もちろん帰りもそのまま自分で歩いて帰ってきたし・・・。
やっぱ今回も思いましたよ、、「こんな簡単ならもっと早くやればよかった。」って・・・。(-m-)ぷぷっ

根性なしの遠吠えでしたヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪


でも実は密かに 抜糸が怖いなぁ~ なんて思っている僕なのであります。。

15:55  |  日記  |  Comment(6)

ドキドキ

2005.10.02 (Sun)

実は明日 今年2回目の

オペなんです。

なーんて大げさに言ってますが・・・
どちらも 形成外科 なんです(⌒∇⌒)

1回目は8月の始めに 右の足の親指の 「陥入爪」 (いわゆる「巻き爪」ってやつです)手術をしてもらいました。
元々2年に一度くらいのペースで ひどくなって炎症を起こすような状態だったので この際思い切ってやってしまおうと^^
自分が想像してたより 全然簡単なオペでした。
時間も麻酔から始めて およそ30分くらい。 あまりのあっけなさに驚きました^^
巻き爪で 痛い思いしている人、 あんまり繰り返すようなら一度病院で見てもらうと良いかもです。

それで明日なんですが 明日は 「ほくろ除去」の手術なんです。
場所はやはり右足の すね の部分なんですが 直径5・6ミリのほくろがあるんですよ。

かれこれ もう10年以上も前に 「今すぐにどうこうではないけれど、いずれは取った方が良いよ。」と言われていたのを
ついつい今までほったらかしにしていたんです。

先日の巻き爪のときに ついでだから先生に相談したら 「簡単にできますよ」って言われて
それじゃあやるかってことで。。


しかしいつも思うんですが ああいう先生たちって 簡単に「じゃあ切りましょうか。」って言いますよね。

ま、それが仕事と言えば仕事なんだから当たり前なんでしょうか。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

僕らも仕事柄 お客様の髪を切ってるわけだけど 
言っちゃ悪いけど 髪切るのと 人の体切るのって絶対違いますよね、感覚的にもさ・・・。

僕ら髪切っても一般的に考えて命にかかわるようなことないじゃないですか。
でも人の体にメスを入れるなんて 何かの拍子に一歩間違えれば 大変なことになる可能性もあるわけで。。 
ま、そうそうそんなことはないんだろうけどね。

ただ、そんなに簡単に言うなよって、いつも思います(^^;。


とか何とか言って ただたんにビビっているだけの僕なのです。

( ´△`)アァ- 早く明日が過ぎないかなぁ~~~( ̄o ̄;)ボソッ

15:02  |  日記  |  Comment(7)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。