09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

久々のお出かけ

2010.10.20 (Wed)

10/18(月)定休日。
特に何も予定は入れていなかったんだけど 家にいるのがもったいないような良いお天気です。
急にどこかへ出かけようということになりました。
たしかにここ最近は自分が釣りに行ってしまうので二人で出かけるのも久しぶりのような気が・・・(^^;)

毎月お客様にお渡しする3ヶ月毎のカレンダーの写真もかなり前からネタ切れしてるので そろそろ新しいネタを仕入れてこなくてはいけません。

というわけで行ってきました。
伊吹山
たしか以前行ったのは子供がまだ小学生だった頃です。
7・8年前かな。  なんだか懐かしいです。

東海大橋から養老を通って関が原に抜けます。
伊吹山ドライブウェイに入って山頂駐車場まで一気に上ってしまいます。
伊吹山ドライブウェイも料金3000円って 一瞬「高!」って思うけど 走ってみると結構距離もあってしっかりと楽しめます。
距離的には片道17キロって書いてあったかな。
山道くねくねだから片道しっかり20分くらいは走ったと思います。

途中 偶然にも野生の鹿の親子を見ました。
カーブを曲がったらいきなり30メートルほど先に3頭の鹿が。
こちらをみて一瞬立ち止まりお互い5秒くらいお見合いしました。
ウチの奥様あわててデジカメ出して写真撮ってたけど間に合わず ほんの少しお尻が写ってただけでした(^○^)

そして駐車場に到着後は そこから徒歩で山頂を目指します。
3つほどコースがあって まっすぐ急勾配に20分で行くコースと大回りに40分で行く緩やかなコースと下り専用の50分コースだったかな。

以前子供たちと来たときは20分の急勾配コースを登ったので今回はゆったり40分コースを歩きました。
伊吹山1
天気は良いんだけどちょっとだけかすんでいました。

ほんの少しだけ紅葉もしていたかな。
伊吹山4

40分コースって書いてあったけど実際は30分くらいで山頂に着いちゃいました。
伊吹山2

山頂では家から持っていったおにぎりをパクリ。
外で食べるおにぎりはまた格別に美味しいんですよねこれが^^

そしてしばらく景色を楽しんだ後 おみやげ物屋さんで ウチの奥様が前から欲しがっていた杖を買いました。
以前 赤目四十八滝や吉野山に行ったときからずーっと欲しい欲しいって言っていたんですよ。
とうとう買いました^^
さっそくそれを使って下山します。
伊吹山3

途中でなんとなくうっすらと見えたのでパチリ!
奥のほうになんとなく見えるのが「琵琶湖」です。
伊吹山6

途中で咲いていた名前わからない花
伊吹山5

下山途中に上ってきたドライブウェイを撮影。
伊吹山7

たまにはこんな休日もいいですね。

最後にパノラマ写真作ってみました。
伊吹山パノラマ
スポンサーサイト
13:20  |  日記  |  Comment(0)

またまた福井遠征!

2010.10.05 (Tue)

10/4(月) またまた福井県までアオリイカのエギングに行ってきました。
今回はツイッターつながりで知り合った名古屋のTさんも一緒に。
Tさんは女性なんですが今いろんな釣りにチャレンジしておられるようで つい先日エギングセットも一式購入したしたということです。
そのタックルを今回初めて使用するということで案内する僕らのほうが結構プレッシャー感じてました_(^^;)ゞ

まあ僕はもともと初心者だし連れて行ってもらう方なので 僕よりも釣友のお二人(OさんとIさん)が「せっかく行くんだからどうしても釣ってもらわなきゃ」と かなり意気込んでました^^

行き先は前回悪天候のため渡れなかった沖磯。
ゴムボートで100メートルちょっと沖に出るわけなんですが なんせ僕も初挑戦です。
内心「こんな波の中 テトラ帯からゴムボートなんて出せるのか?」と半信半疑。
しかし手馴れたお二人(Oさん&Iさん)はさっさと道具乗せて行ってしまいます。

ゴムボートが小さいため一度に二人しか乗れないため僕とTさんはお迎えが来るまでテトラで待機です。
男の僕でもこりゃすごいことになってきたぞと心臓バクバクだったのに 
女性のTさんチャレンジ精神旺盛で口では「本当にあそこまで行くんですか?」なんて言ってたのに二回目のボートでさっさと渡っちゃいました♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!

そして3回目のお迎えで僕も無事に磯に渡り いよいよ釣行開始です。

前々から磯はすごいですよ~、ぜったい釣れますよ~とさんざん聞かされていたので いかほどのものかと早速チャレンジ。
まずは第一投目。 
沖に遠投してからしゃくりながら手前5メートルほどにきた時に いきなりあたりが・・・!
心の準備ができていなかった僕はいきなりばらしちゃいました。
しっかりと墨をはかれたのでイカであることは間違いないです。
みんなに「いきなりばれた~!」と報告後 さらに二投目。
またまたアオリイカがアタックしてきました。
今度はしっかりと合わせをくれてがっちりかけました。

磯について10分もしないうちにさっそく釣れてしまって 期待はふくらむ一方です。
なんだか僕のシャクリリズムに合っているのか その後もコンスタントに釣れます。(釣りってのはなぜかそんな日があるのです)
そんななか初挑戦のTさんには OさんやIさんがいろいろとアドバイスをされていました。
なんせ僕も初心者に毛が生えたようなモノなので人に教えるほどのテクニックはありません。
しかし 今日はちょっと釣れているので調子に乗っていろいろとやり方を説明などしてしまいました_(^^;)ゞ

なんどかやっているうちにTさんの口から「今当たりがわかった!」という言葉が。
そうなればあとはタイミングだけと思っていたのに その後も数回当たりがあってものせられない様子。
そしてある時「またバラした~!」というTさんのエギにイカの足が・・・。
「(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?足だけ?」
そこでふと思い立ったファインはTさんのタックルチェック。
するとリールのドラグが めいっぱい締まっててまったくすべらない状態であることに気付きました。
だからあわせた時に鬼合わせになっちゃって身が切れていたのかもってことで 
ゆるめにドラグ調整をして釣ってもらいました。
そしたらなんとその数分後 待望のアオリちゃんがきてくれたんですよ。
たったそれだけのことで釣れるか釣れないかが変わってしまうなんて 僕もしっかり勉強させてもらいました。

その後2杯追加されて 初挑戦のTさんは3杯の釣果でした。

僕はというとですね・・・
なぜかその日はめっちゃ調子がよくて アオリイカ釣行3回目にしてな、なんと二桁釣果出てしまったんですよ^^
合計12杯。 うち1杯は小さかったのでリリースしました。
 
逆になぜか絶不調だったOさん。 2杯しか釣れなくて意気消沈してたんです。
しかし終了間際になにやら大騒ぎしてます。
見ると ものすごい勢いで竿が曲がっています。 そうこうしているうちにいきなり「バキ!」という音とともに
Oさん後ろにもんどり打ってすっころびました。
そうです 竿が折れたんです。
それでも飛び起きて素手でラインを手繰り寄せ なんとか吊り上げたイカを見てびっくり!
本日最大サイズのアオリ、おそらく胴長だけで30センチはあったと思います。
これぞ逆転ホームランって感じの一杯でした。

Iさんはエギングと平行して生きアジを使ったヤエン釣法もされていて やはり二桁釣果出てたようです。
さすがベテランは違いますね。

てなわけで 僕にとって2回目の福井は とても楽しく印象に残る釣行でした。

じゃじゃん!
アオリイカ

たまにはこんな日もないとね^^
また行きて~~~~~~~!
15:55  |  釣り  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。